SH菌体有機・堆肥を使用した環境保全循環型農業の構築

はじめに
SH発酵菌とは・・
この世にいるバクテリアを中和させる、安全・安心な発酵菌です。
SH発酵菌は、大手百貨店や大型ショッピングモール等にも採用されており、 悪いバクテリアの繁殖を防ぎ、汚水をきれいな形に分解するので、快適な空間をお過ごしいただけます。
さらに、汚染土壌にも効果テキメンで、化学汚染された土壌の改良、品質向上の効果があります。
また、化学肥料や農薬を使いすぎると、「死んだ土」になっていき、土壌小動物・微生物層が豊かになると 「生きた土」になり、やがて土は農作物に対して「やさしく」なり、収穫増量効果をもたらします。

目的 本事業は、我々の生存基盤である食生活の抜本的な改善を第一の目的とする。
近年、世界中で「食の安全・安心・品質」を求める消費者の関心が高く、安全で良質な野菜、穀物が望まれています。
今現在、これを支える農業は、発展の元になってきた化学肥料や農薬の無作為な使用によって消費者の不安を招き、 そのうえ地球環境を汚染し続けていることに歯止めが利かない、という悪循環を引き起こしてしまいました。
だからこそ、生産性が増大し、環境を害さない新しい農業を始める時である。
弊社の環境保全循環型農業は、SH菌発酵処理システムによる生ごみ処理、し尿、下水処理、畜産廃棄物(糞尿)の処理等から製造されたSH発酵菌入りの体有機堆肥を 使用し、安全で良質な農作物の生産と供給、連作障害の回避と知力の回復、景観の維持など地域における自然生態の維持・確保に貢献することを目的とする。

事業コンセプト 事業コンセプト
SH発酵菌入り体有機堆肥による土作り SH発酵菌入り体有機堆肥による土作り SH発酵菌は、全ての土壌菌を正常化し、自然の力あふれる環境へと復活する
SH発酵菌入り有機堆肥の働き(1) SH発酵菌入り有機堆肥の働き(1) SH発酵菌入り有機堆肥の働き(2) SH発酵菌入り有機堆肥の働き(2)
SH発酵菌入り体有機堆肥のメカニズム SH発酵菌入り体有機堆肥のメカニズム

SH発酵菌入り体有機堆肥は、SH発酵菌により、固形タンパク→水溶性タンパク→ペプチド→アミノ酸→アンモニア→硝酸と分解されます。
SH発酵菌が持つ硝酸化菌は、硝酸イオン濃度を従来の基準値であるpH.7(アルカリ性から酸性)に調整するので、 亜硝酸ガス又はアンモニアガス等が発生しないのです。

まとめ
従来の農学では、無機質である硝酸まで分解されないと、根から吸収しないとされていました。
この考えに基づき、硝酸を大量に供給するように設計された化学肥料が重宝されていました。
しかし、近年の研究により、水溶性タンパク、ペプチド、アミノ酸といった有機物も根から吸収されることがわかってきました。
つまり、SH発酵菌は作物の生長に欠かせないタンパク質を、有機物醗酵(堆肥)により効率的なメカニズムで、堆肥作りや土壌改良等の農作物に供給し、 流通プロデュースもご提案いたします。